中学3年生 数学 |大阪進学塾の授業

3年生になると、高校入試が現実のものとなって迫ってきます。
入試を睨んだ長期的な学習と、内申を考えた定期テスト対策の 両方をしなければなりません。このバランスに失敗すると 非常に苦しいことになります。さて、3年生の数学には、少々特殊事情があります。
教科書では、「三平方の定理」や「相似」の項目が 入試直前でしか出てこないのです。ところが、入試にはこれらは必出です。
それどころか、両項目とも かなり高度な問題に使われ、相当熟練する必要があります。学校の授業だけでは、時間的にかなりキツイでしょう。

大阪進学塾では、この点も考慮して、

2学期に入ってかなり早めに、それらの事柄を学びます。

また、入試問題と定期テストの問題では、レベル・感触が全く違います。
これに慣れるのにも かなり時間がかかります。
それら 多くのことを考慮しながら 受験指導しています。